映像作品関連一覧 / Filmography

2011年11月作成

要更新

原作

  1. ONE SHOT CINEMA ショートカッツ 実写版 (2004)
  2. いちばんきれいな水 (2006) … ちらしも
  3. ライチ☆光クラブ (2012-2013) … 舞台
  4. ライチ DE 光クラブ (2012) … アニメ
  5. 學蘭歌劇 帝一の國 (2014)
  6. 學蘭歌劇 帝一の國 -決戦のマイムマイム- (2015)
  7. ライチ☆光クラブ (2015) … ミュージカル
  8. ライチ☆光クラブ (2016) … 映画
  9. 學蘭歌劇 帝一の國 -血戦のラストダンス- (2016)
  10. 帝一の國 (2017) … 映画

脚本

  1. ZOO (2005) … 5篇中の1篇「陽だまりの詩」の脚本、キャラクターデザイン、絵コンテ

出演

  1. 紀子の食卓 (2006)
  2. 愛のむきだし (2008 製作中)

その他

  1. 月光の囁き (1999) … パンフ内のイラスト
  2. うつしみ (1999) … ポスター
  3. 灰羽連盟 (2002) … DVD特典の書き下ろしイラストカード
  4. 美女缶 (2003) … DVD特典内で監督と対談
  5. 密室彼女 (2006) … ポスター
  6. 東京小説 乙桜学園祭 (2007) … ポスター、パンフ


原作


ONE SHOT CINEMA ショートカッツ 実写版 (2004)

原作古屋兎丸「ショートカッツ」(小学館)
監督PEACH-SATO(#1-#6) / 佐藤卓哉(#7-#12) / 増山準哉(#13-#18) / 溝部正則(#19-#20)
出演アクシブ、イト―カンパニー、オスカー、ルージュなどに所属する30人の女子高校生モデル
飛び石連休
カンニングなど
公開2004年8月2日

内容

「ショートカッツ」を原作とするオンラインオリジナル動画。全20話。各話50円で3日間視聴できる。セットなら800円。サンプル動画あり(TITLE#1.選挙15秒版。実際は60秒)。

タイトル一覧と、監督、キャスト、原作との対応

タイトル監督キャスト原作
1選挙PEACH-SATO坂田裕美、中川杏奈、いとう麻見 ほかvol.1 CUT-12
2女子高生信仰PEACH-SATO石井瞳、大縄彩香、松永麻里 ほかvol.1 CUT-41
3わしも~PEACH-SATO瀬川和夫、石井瞳 ほかvol.2 CUT-3
4いーことしない?PEACH-SATO野崎亜里沙、坂田裕美 ほかvol.2 CUT-25
5平沼やばい!PEACH-SATO根岸香織、鈴木礼央奈 ほかvol.2 CUT-47
6帰宅部PEACH-SATO奈良麻美、中川杏奈、鈴木礼央奈 ほかvol.1 CUT-6
7靴磨き佐藤卓哉大岡絵里、山中恒也vol.1 CUT-35
8身代わりオヤジ佐藤卓哉寺島英里香、塚原恵一、尾崎美佳vol.2 CUT-26
9プリティみゆき佐藤卓哉菊井彰子、石塚麻畝 ほかvol.1 CUT-37
10モッコリさん佐藤卓哉松永玲香、花歩、大竹浩一vol.1 CUT-21
11コギャル村佐藤卓哉窪田かね子、貝山秀太、三枝ちえ子 ほかvol.1 CUT-61
12イタコ佐藤卓哉春日井久子、小林薫、尾崎美佳vol.2 CUT-72
13ぬりえ増山準哉湧口愛美、和田正弘、井川研治vol.2 CUT-79
14犬オヤジ増山準哉南清香、中島忠幸(カンニング)vol.1 CUT-5
15銀行強盗増山準哉天川美穂、野本愛、鈴木洋子 ほかvol.1 CUT-18
16生首っち増山準哉福本奈々、山際孝志vol.1 CUT-39
17地味くん増山準哉岩見欣正(飛石連休)、朝比奈えりvol.1 CUT-63
18黒板先生増山準哉竹山隆範(カンニング)、小島由利絵 ほかvol.2 CUT-38
19卒業アルバム溝部正則野崎亜里沙、パスタ功次郎vol.1 CUT-81
20女子高生お父さん溝部正則寺島英里香 ほかvol.1 CUT-46

関連リンク

公式サイト及び購入先
http://micromovies.cplaza.ne.jp/contents/shortcuts/index.html
Flash版
http://micromovies.cplaza.ne.jp/shortcuts/shortcuts.swf
小学館の高橋芳明氏も参加されたコンテンツビジネスを巡るディスカッションの様子。中で、ショートカッツ実写版に触れている。
http://www.dcaj.org/cvp/new/semi200410.html


いちばんきれいな水 (2006)

原作古屋兎丸「いちばんきれいな水」
(イーストプレス刊「Wsamarus 2001」所収)

DVD版パッケージ 
監督ウスイヒロシ
出演加藤ローサ、菅野莉央、カヒミ・カリィ
松田洋治、峯村リエ、高谷基史
田中哲司、南果歩
脚本三浦有為子
撮影蔦井孝洋(J.S.C)
照明中須岳士
美術須永文昭
録音江口強志
VE石上正治
編集茶圓一郎
音楽沢田穣治
助監督武正晴
ラインプロデューサー橋本淳司
主題歌アマドリ「Beautiful water」(EPICレコードジャパン)
製作統括宮下昌幸、安永義郎、渡辺純一
企画石田雄治、宇田川寧
プロデューサー盛夏子、松本肇
アソシエイトプロデューサー山崎康史、上木則安、久保真
制作ダブ
製作「いちばんきれいな水」フィルムパートナーズ
(アミューズソフトエンタテインメント、博報堂DYメディアパートナーズ、スカパー・ウェルシング、ダブ)
配給アミューズソフトエンタテインメント+博報堂DYメディアパートナーズ
配給協力日活
宣伝アステア
公開2006年10月7日

ちらし

加藤ローサさんと菅野莉央さんをモデルに、兎丸さんが、愛と夏美を描き下したもの。

兎丸さんのコメント

「すでに初号試写見ましたが、大変素晴らしい出来です。」(mixi)

Q : 2006年 心に残った出来事は?
A : 自分の原作が初映画化されたこと (2006/12/1発売の週刊コミックバンチ第1&2合併号)

関連リンク

公式サイト (リンク切れ)
http://www.cplaza.ne.jp/kireina-mizu/
ストリーミング動画 (リンク切れ多数)
http://broadband.biglobe.ne.jp/program/index_kireinamizu.html
DVD公式サイト
http://www.amuse-s-e.co.jp/mizu/
キャスト、スタッフ、内容紹介
http://www.cinematopics.com/cinema/works/output2.php?oid=6671
記者会見の様子
http://www.unitedcinemas.jp/catch-up.php?c=101


脚本


ZOO (2005) より「陽だまりの詩」

注 : 乙一さん原作の同名短編集を5人で監督したオムニバス映画5編。このうちの1篇「陽だまりの詩」の脚本、キャラクターデザイン、絵コンテを兎丸さんが担当した。以下のスタッフ、キャストは「陽だまりの詩」のもの。これ以外の作品のクレジットについては、公式サイトを参照。

原作乙一 「ZOO」 (集英社刊)
公式サイトトップページ
監督水崎淳平 (神風動画)
出演鈴木かすみ、龍坐
脚本、キャラクターデザイン、コンテ古屋兎丸
企画黒澤満
美術監督鈴木理恵
美術設定 レイアウト横嶋俊久
キャラクターモデリング仲田純子
チーフアニメーター水野貴信
アニメーター佐藤広大、南波さゆり
モーションキャプチャー清水勝則(Landlocked)、田村知博(Landlocked)
モーションキャプチャー・エディット・コンバート更科基緒、岩﨑威
音楽山口龍夫、緑川徹
音楽プロデューサー緑川徹
音楽制作協力クリケットスタジオ、ブギーヴォックス
オフライン編集土井由美子
プロダクションアシスタント人見統子
協力森田修平、笹原晋也、栗山桃実、折戸マリ、林田秀紀
プロデューサー木村大助
制作神風動画、GASTONIA
配給担当守屋文人
製作協力セントラル・アーツ
製作東映ビデオ
公開2005年3月19日

DVD特典

DVDには映像特典として、「陽だまりの詩」絵コンテギャラリーが収録されている。
また初回生産限定の「ZOOプレミアムブックレット」には、「「陽だまりの詩」秘蔵古屋兎丸コンテ集」が収録された(内容未確認)。

乙一さんと兎丸さん

原作者の乙一さんとは、映画の公開を記念し、小説すばる 2005年4月号で「乙 一 vs 古屋兎丸 「天才は深夜ラジオでつくられる。」として対談。この対談は文庫版の「ZOO (1)」末尾に収録されている。
よほどこのときの話しが盛り上がったのか、2006年には「古屋X乙一X兎丸」名義で、「少年少女漂流記」を連載し、翌2007年には単行本化。
同時期に本谷有希子さんの芝居「密室彼女」では、乙一さんがプロット(脚色は本谷さん)、兎丸さんがポスターを手がける。
また乙一さんが本名の安達寛高で監督した作品「立体東京」と桜井亜美監督作品「人魚姫と王子」との合同上映会 「東京小説~乙桜学園祭~」では、三人で学園祭実行委員を結成し、公式パンフを作成。兎丸さんはポスターを書き下ろした。公開中にはトークショーも行われた。

関連リンク

公式サイト
http://www.toei-video.co.jp/archive/zoo/


出演


紀子の食卓 (2006)

原作、監督、脚本園子温
出演吹石一恵、つぐみ、光石研、吉高由里子、宮田早苗、並樹史朗、三津谷葉子、手塚とおる、藤間宇宙、古屋兎丸、安藤玉恵、渡辺奈緒子、あべちひろ、小貫華子
エグゼクティブプロデューサー諸橋裕
プロデューサー鈴木剛
撮影谷川創平
録音池田知久
美術藤田徹
編集伊藤潤一
音楽長谷川智樹
助監督天野修敬
特殊造形西村喜廣
スチール黒田光一
配給アルゴ・ピクチャーズ
公開2006年9月23日

DVD特典

特典ディスクには、園子温監督と兎丸さんの劇場トークショーの様子が収録されている(内容未確認)。恐らく、2006/10/7 (土) K’scinemaにて収録されたものと思われる。
なお本編はR15指定を受けています。

園子温監督と兎丸さん

「紀子の食卓」は、園子温監督作品「自殺サークル」の続編。その映画版「自殺サークル」を原案に漫画化したのが兎丸さんの「自殺サークル」(2002年)。ただし兎丸さんとの関係としては、「うつしみ」のポスター、「鈍器降臨」でのコラボがある。また「ショートカッツ (2)」の「アシストDのなやみ相談室(p.28)」では監督の悩み(笑)が取り上げられている。
2008年作成中の「愛のむきだし」にも兎丸さんは出演。その様子は兎丸さんのブログでも紹介された。

喫茶店の男

兎丸さんの役は、もともと宮台真司さんが演じる予定だったらしい。映画自体は短期間の撮影だったようで、準備にもさほど時間はかけられなかったと思うが、兎丸さんの怪演ぶりは観客を圧倒し、その後の評価も高かった。ちなみに兎丸さんは多摩美時代、演劇部に所属する一方で、勅使河原三郎さん、山海塾の蝉丸さん、フクハラ・テツロウさんらの下で舞踏を学んでいる。

関連リンク

公式サイト
http://www.noriko-movie.com/
ニュースブログ 徹三新聞
http://noriko-news.cocolog-nifty.com/
園子温ドットコム 公式サイト
http://www.sonosion.com


愛のむきだし (2008 製作中)

公式ブログ
http://aimuki.blog88.fc2.com/
園子温ドットコム 公式サイト
http://www.sonosion.com


その他


月光の囁き (1999)

原作喜国雅彦「月光の囁き」
(小学館「ヤングサンデー」掲載)
監督、脚本塩田明彦
出演水橋研二、つぐみ、草野康太、井上晴美、
真梨邑ケイ、しみず霧子
製作日活
公開1999年10月23日

兎丸さんはパンフレット内にイラストを寄せている。イラストは「Wsamarus 2001」に収録されている。


うつしみ (1999)

監督、脚本、 撮影、編集園子温
出演荒木経惟、麿赤児、荒川眞一郎、鈴木卓爾、澤田由紀子、幸野賀一、銀次、飯田まさと、森山知之、ジーコ内山、笛木一司、矢田真三彦、濱口圭子ほか
公開2000年12月16日

兎丸さんは右のポスターを描き下ろした。
またダ・ヴィンチ2001年1月号の「鈍器降臨」では、園子温監督のエッセイ「うつしみ」が、兎丸さんの漫画と共に掲載された。このエッセイ、および漫画は単行本「鈍器降臨」に収録されている。「紀子の食卓」の「園子温監督と兎丸さん」も参照。

公式サイト: http://www.geocities.jp/anchorsline/film/utushimi/index.html


灰羽連盟 (2002)

原案、脚本、シリーズ 構成安部吉俊 (~オールドホームの灰羽達~)
監督ところともかず
製作光輸密造工房、フジテレビ
放映2002年10月~12月
DVD発売日:2003/03/21

兎丸さんはDVD第4巻の特典イラストカードを描き下ろした。

公式サイト: http://www.geneon-ent.co.jp/rondorobe/anime/haibane/index.html


美女缶 (2003)

監督、編集筧昌也
出演藤川俊生、吉居亜希子、木村文、小沢喬、
製作poosworks
公開2003年2月ゆうばり国際映画祭オフシアター部門
2004年10月2日

兎丸さんは劇場公開当時、筧監督との上映トークイベントを行っており、その様子がDVDの特典映像として収録されている(内容未確認)。恐らく2004年10月10日(日) 渋谷シネ・ラ・セットにて行われた「筧昌也監督リスペクトトークショー」のものと思われる。

公式サイト: http://bijocan2.s141.xrea.com/index.php


密室彼女 (2006)

劇団、本谷有希子(アウェー)
演出、脚本本谷有希子
出演加藤啓(拙者ムニエル)、吉本菜穂子、杉山彦々
原案乙一
上演2006年5月3日(水)~9日(火) @ 下北沢ザ・スズナリ

兎丸さんは右のポスターを描き下ろし。ただし実際のチラシでは、その上に本谷さんがコラボの名の下、「落書き」している。

公式サイト: http://www.motoyayukiko.com/away/index.html


東京小説 乙桜学園祭 (2007)

立体東京 3D-TOKYO

制作、脚本、監督、編集安達寛高
出演押井友絵、滝本竜彦、佐藤友哉、大内由香子、手島みずは、手島文子

人魚姫と王子

制作、監督桜井亜美
出演つぐみ、柏原収史、真中瞳、高良健吾、山川直人、阿久根裕子、小林俊、星川玲奈

兎丸さんは右のポスターを描き下ろし。
安達、桜井両監督、及び兎丸さんのまた三人で学園祭実行委員を結成。生徒手帳風の公式パンフを作成する。

公式サイト: http://www.biotide-films.com/otsuzakura/